株・FX

メキシコペソ/円がついに”7円割れ”

こんにちは。

一気にショートの相場が加速していき、ドル円は落ち着いてきたタイミングで最近は同じタイミングで上がったり下がったりしていました。

そして、しばらくぶりの7円割れを記録しました。

メキシコペソはスワップポイント目当てで買ってる人が多いので、結構含み損になった方が大多数いるのではないでしょうか。

Twitterから何個か見かけたものを貼ります。

かくいう私もメキシコペソを握っていたので、含み損になりました。

ここで退場する人や手放す人も多そうです。

単純に円が高騰していて、ドルは緩やかに ドル>円の立場ですが、ドル>円>メキシコペソになっていると考えれば分かりやすいかもしれません。

5年の推移を見てみましょう。

2020年に1度大暴落してそこから徐々に右肩上がりになり、今回ガクッと下がりました。

メキシコ銀行自体は金利を上げているので、ただの円高状態に一時的になったのかと推察します。

スワップ目当てで買ってる方であれば長期的に保持する事で利益は取れますが、含み損がメンタル的に耐えられるかどうかです。

個人的の予想としては、もう少し円高の状態が続くと思うので、メキシコペソはショート方向で進むと思います。

6.50付近まで下がり、そこから下がらないようであればロング、切った場合は6割れ警戒で良いと思います。

ドル、ポンド、ユーロなどは戻り反発などは結構ありますが、メキシコペソはそもそも単価が低いので、細かいトレードはするべきではないです。

次週の市場は引き続き警戒しましょう。

私、個人ではメキシコペソは含み損でも離さず握っておこうかと思います。

トルコリラは長期的に見て下がる一方ですが、メキシコは上がる可能性しか将来ないと思ってます。

本日は以上です。